DRIES VAN NOTEN



【DRIES VAN NOTEN】
1958年アントワープ、3世代続くテーラーの家に生まれる。祖父は2つの世界大戦の間、古着に手を加えて作り変え、アントワープにメンズウェアのプレタ・ポルテという概念をもたらした。父は、1970年にアントワープ郊外に大きな高級ブティックをオープン。続く2号店を街の中心地に構え、ウンガロやフェラガモ、ゼニアのコレクションを取り扱った。また、母はカッサンドレのフランチャイズ店を経営し、アンティークのレースやリネンをコレクションしていた。2008年10月より2009年1月までの間、ドリス・ヴァン・ノッテンはフランスの文化情報大臣、クリスティーヌ・アルバネル(Christine Albanel)よりフランス内閣のメインとなる6つのウィンドーを自由に飾ることのできる白紙委任状、“CARTE BLANCHE”を与えられ、ウィンドーには彼の2009年春夏コレクションを代表するテーマや情緒的なストーリーが描かれた。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

2